ゼロアソシエイト

戦国時代からの近代まで

地名の始まりは戦国時代にまで遡り、かつては宿場町として栄えたことが沿革の始まりです。武蔵国の入間郡に属する地域であり、越辺川と高麗川の流域で市場町を形成しました。武蔵国の中でも重要な地位にあった川越との関係も深く、江戸時代を通じて繁栄を続けて伝統を育みました。

 

近代化の時代には坂戸にも鉄道が敷かれることになり、1916年には東上鉄道の坂戸駅が開業しています。東上鉄道は東武鉄道と合併して東武東上線の路線となり、特徴的な沿革を進めていきました。越辺川橋梁は現在は鋼ワーレントラス構造として2代目の橋が架かっていますが、開業当時は初代の入間川橋梁と同様な形式であったと考えられます。開業当時の坂戸駅前は長閑な風景が特徴でありましたが、戦後の発展とともに徐々に宅地化が進んでベッドタウンとしての町並みが形成されました。

 

戦後に関越自動車道が開通したことは、坂戸市の交通網の沿革にとっても重要です。関越自動車道の工事は戦後の高度成長期に行われ、最新鋭の土木技術によって進められた経緯があります。坂戸市の周辺の関越自動車道は築堤によって通過するもので、路線からの眺望も見事なものです。

 

坂戸の町制施行は1954年のことですが、人口は戦後に右肩上がりで増加して1976年には市制を施行しました。埼玉県内の多くの自治体で市制施行が相次いだ時期で、公共施設の設置も積極的に行われた時代です。近年には人口が10万人を突破して、新たな時代に突入しました。